金貨は安全な投資商品である


金貨を購入して、それを長期間保管する。実はこれだけでもかなりの安全な投資活動になります。なぜか、と言われればまず第一に5年以上の金貨の所持期間が経過すると、なんと20%もの減税が課せられるという点が挙げられます。次には、金の相場は常に変動しており、今現在で小売店などで購入をした金貨が、ある時期になると一気に価値が上昇しているということがあり、その時期を見極めれば大きな利益を上げられるという特性があるからです。

したがって、金を購入しておいて、相場が高くなったときに再び売却をすれば確実に儲けが出るので、かなり安全な投資商品となっています。また、株などと違って大暴落をして大損をしてしまうことはありませんし、持っているだけですので、たとえ今よりも価値が下がってしまったとしても、次に価値が高くなるのを待てばいいだけなので、売る時期さえ間違えなければ絶対に損をしないのです。どんな投資よりも圧倒的に安全性が高いために、金貨の投資は非常におすすめなのです。ただ、金貨と言ってもどのような金貨を集めればいいのか、ということが分からないかと思います。

また、同様に安全性が高いと言っても、リスクが一切ないと言う訳ではありません。それは投資活動からは切っても切り離せないことなので受け入れるしかありませんが、ではどのような方法でそのリスクを回避すればいいのでしょうか。このような、金貨投資のおける二つの疑問に今回は答えたいと思います。